母の手編み

ずいぶん前に母が編んでくれた毛糸のジャケット。
赤はあまり似合わないのですが、この赤はしっくり馴染むよう。
小学生の時編んでもらい、好きだったカーディガンをほどいた糸なのです。

「私と同じ色だね。」とニッセちゃん。

編んでもらった頃は元気だった父が「千の風」となった今、父を思いながら着ています。
茶色の毛糸は、父のベストだったので…a0213191_14435769.jpg
[PR]
by petit-salad | 2012-02-26 14:44 | | Comments(0)
<< 春の匂い 雨の朝 >>