静かな時間

いつか京都の手芸屋さんで、一目惚れしたスカート。
アメリカのビンテージの布地のよう。
裾がほつれたので、直しています。

こんな感じで、わずかな時間でも、針を持つ時間がとても好きです。
心がとても落ち着きます。

母が洋裁が得意で、幼い頃その傍らで遊んでいました。
端切れと針と糸とボタンとハサミで、お人形の服を作っていました。
袖は丸く穴を開けただけ。

そんな懐かしさに逢える…針仕事の時間。
a0213191_11375371.jpg
[PR]
by petit-salad | 2013-06-28 11:39 | 手芸 | Comments(0)
<< SUMMER SALE 雨の季節に生まれた >>